【火災保険利用コツとは?】火災保険を利用する際はどうすれば良いの?

住まいと暮らし

皆さんはこんな悩みを持っていませんか?

最近、自然災害で自宅の屋根が破損してしまった。

子どもが遊んでいたら、家の中を壊してしまった。

このような自宅の補修は、火災保険の保険給付対象になる場合があります。

火災保険を利用して、自宅の修繕を行いたいが申請方法が分からない。

てつてぃー
てつてぃー

最近、自宅の修繕を行なった方や保険金を利用して自宅の修繕を検討しているは必見です。

この記事で分かること

・火災保険とは?
・火災保険の補償対象。
・火災保険の申請方法。
・火災保険の申請が難しい人は?
・火災保険の保険金は課税されるの?

この記事を書いた人
てつてぃー

元銀行員|FP2級|簿記2級|株式投資10年|不動産投資2年|仮想通貨投資7年|
『ローリスク・ローリターン』を『ローリスク・ミドルリターン』に‼︎
正しい知識があれば、投資は怖くない!

実体験をもとに、少ない年収でもできる資産運用術やマネーリテラシーについて発信中。

てつてぃーをフォローする

火災保険とは?

そもそも火災保険とはどのような保険なのでしょうか?ソニー損保のホームページには以下のように説明されています。

s火災保険は、その名の通り、住まいが火災の被害に遭った際の損害を補償する保険です。多くの場合、火災に加えて「落雷」「破裂・爆発」による損害も補償されます。

ソニー損保HP|https://www.sonysonpo.co.jp/fire/bsc_001.html
てつてぃー
てつてぃー

つまり、火災以外にも建物や家具に損害があったら利用できる保険ということだね。

火災保険の補償対象

火災保険の補償対象は、大きく『建物』と『家財』に分けられます。

てつてぃー
てつてぃー

火災保険の補償される対象は、加入する火災保険によって異なります。
『建物+家財』『建物のみ』『家財のみ』があります。

建物のみで火災保険に加入した場合、当然ながら家財は補償の対象になりません。

建物

火災保険における建物とは、建物の本体・門や塀などが挙げられます。

補償される例

・火災が起きてしまい、2階部分が焼けてしまった。
・雷が自宅に落ち、屋根に穴が開いてしまった。
・台風で屋根瓦が飛んでしまった。
・洪水が起き、床上浸水して壁紙を張り替えた。 など

家財

火災保険における家財とは、建物内にある家具や家電・衣服・貴金属などが挙げられます。

補償される例

・落雷でテレビが壊れてしまった。
・子どもが物を投げて、テレビを壊してしまった。
・空き巣に入られてしまい、家財が盗まれてしまった。
・水漏れを起こし、家具が濡れてしまった。 など

火災保険の申請方法

火災保険の保険金請求は、当然ながら加入している保険会社に連絡が必要です。

てつてぃー
てつてぃー

火災保険の申請は、契約者本人が行う必要があります。

ソニー損保では、以下のような証明書類が必要になります。

火災保険申請時に必要な書類

・保険金請求書
・修理見積書のコピー
・損害状況の写真 など

その時の状況によって必要な書類が異なってきますが、基本的には上記のような書類が必要です。

申請がとても難しそうだね・・
申請を代行してくれるようなサポートはないの?

てつてぃー
てつてぃー

火災保険の申請に必要な書類の作成をサポートしてくれる会社があります。
申請の方法が難しくて分からないという人は、火災保険の申請サポートを利用すると、スムーズに申請できます。

火災保険の申請が難しい人はどうすればいいの?

火災保険の申請がよく分からないという方は、『火災保険の申請サポート』を利用しましょう。

おすすめの火災保険申請サポート業者は、株式会社Lead Lifeです。

てつてぃー
てつてぃー

株式会社Lead Lifeが選ばれる理由は次の3つです。

1、平均138万円の申請ノウハウがある。
2、必要な作業の全てを引き受けてくれる。
3、顧問弁護士が監修している。

火災保険の申請には、当然のことながら保険申請の知識が最も必要です。株式会社Lead Lifeには、保険金を受取平均額が138万円の申請ノウハウがあり、多くの方に利用されています。

保険金を請求する際には、報告書や調査書など様々な書類が必要になります。その面倒な書類の作成を全て代行してくれます。

保険金を請求するにあたり、弁護士事務所が監修しているため、安心のサポート体制を整えています。

また、6月30日までの期間限定で無料調査をして見舞金が30万円以上の方全員にAmazonギフト券が15,000円分プレゼントキャンペーン実施中です!

火災保険の保険金を受け取ったら、保険金に課税されるの?

火災保険の保険金は、基本的には非課税となります。これは自然災害や火災などで建物や家財が損害を受けているため、課税対象となってしまったら損をしてしまうためです。

てつてぃー
てつてぃー

火災保険の保険金は、生命保険の保険金と違い基本的には非課税になります。
また、受け取った保険金の使い道は自由となっているので、火災保険の補償対象になる場合には申請してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事の内容をまとめると、次のようになります。

・火災保険は、火災以外にも建物や家具が損害した際に利用できる保険である。
・火災保険の補償対象は、『建物』と『家財』に分けられる。
・火災保険を申請する場合は、保険会社に提出する様々な書類が必要になる。
・火災保険の申請をサポートしてくれる会社がある。
・火災保険の保険金は、基本的には非課税である。

自宅を修繕した方や自宅の一部に損害があり、保険を使用して修繕したいという方は、火災保険の利用を検討しましょう。火災保険の申請書類を作成するのは面倒だなと思われている方は、火災保険サポートの利用をおすすめします。

火災保険は、自動車保険とは違って利用しても保険料はあがりません!そのため、利用しないと損してしまいます。自宅の修繕を行う方や修繕の予定がある方は利用を検討しましょう。

てつてぃー
てつてぃー

火災保険の申請方法がよく分からないという方は、火災保険サポートを利用することをおすすめします。費用はかかってしまいますが、面倒な手続きをサポートしてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました